PTAのひろば「みんなのPTA」開催

都小P主催の研修会「PTAのひろば2007」が2月23日(土)荒川区立汐入小学校にて開催され、都内各地区から約80名が参加しました。
『みんなのPTA』をテーマにした今回の研修会は、都内PTAの皆様が、学校や地区を越えて情報を交換し、今後もいっそう実り多い活動を展開するためのヒントを得ていただくことを目的にしています。
 
まず、新谷会長の開会挨拶では「PTAの本来の役割や意義は何か」という問いかけがあり、「私達は本当にそれをわかっているのか。今日の研修会では、考えあい、学びあい、より良いものへのヒントを得られたら嬉しいです。分科会では委員会の役目について大いに話し合いましょう」という話がありました。
全体会
続いての全体会では、スライドにより「PTAの意義と役割」が示され、「1.学びあう、育ちあう、生涯学習の視点から」「2.家庭、学校、地域と連携の視点から」という各視点からPTAのあり方についての都小Pからの提案がなされました。
「学びあう、育ちあう、生涯学習の視点から」では、PTAは子どものことについて語りあえる場、PTAに参加することによって親も学びあう。そこに問題が発生するのは当たり前で、それを如何に解決できるかが重要だという話がありました。それには普段からの信頼関係が大切だということです。
次に、「家庭、学校、地域と連携の視点から」では、PTAはコーディネーターであり、「つなぐ」役割を担っている。子どもたちの安心、安全のため、地域コミュニティ再生が必要。日頃の関係作りと体制整備が大切だと示されました。
「PTAは楽しければいいのではないが、楽しくていい」という新谷会長の言葉が印象的でした。
スライド

その後、4つの分科会に分かれて熱心な意見交換が行われました。各分科会の内容は次の通りです。

■役員分科会
役員分科会はPTA会長のグループと、会長以外の役員のグループとの2つに分かれて行われました。
まず、会長のグループでは、会長ならではの悩みを踏まえながらの活発な意見が出されました。学校選択制や地域との交流等、どの学校も悩みは共通しているようですが、その中で日々尽力している会長の情報交換がなされました。
会長以外の役員のグループでは、役員決めに関する議題でかなりの盛り上がりを見せていました。これに関しては学校ごとに違っている点もありますが、各校ともなかなか苦労されているようです。一般会員への告知、アプローチも同様で、うまくいっている学校は保護者と学校と地域のコミュニケーションがよくとれているとのことでした。
役員分科会

■学級分科会
「心が通いあう学級になるために」というテーマでのロールプレイで始まった学級分科会は11名のメンバーで話し合いが持たれました。
会のメインテーマは「学級作り、親同士・親と先生の関係作り」で、学級委員会の役割を皆で考え、どうすれば心が通いあう学級になるかを話し合いました。
「これをやればうまくいく」という絶対的な方法はありませんが、「何かを一緒にやると仲良くなる」「PTAは楽しい!と思ってもらうことが大切」「PTAの楽しさをアピールしよう!」と意見が一致しました。

■校外分科会
校外分科会は「みんなの町・安全な街」というテーマでのロールプレイを行い、その後、「パトロールの方法とパトロールグッズ」という議題を中心に13名のメンバーで情報交換が行われました。それぞれの学校のパトロール方法についての報告は各校委員とも、とても参考になったようです。「パトロール自体の意識をもう一度考えてみたい」「防犯パトロールをもっと強化すべきだと思った」等の積極的な意見が出されました。
分科会ロールプレイング

■広報分科会
広報分科会のテーマは「読みたくなる広報紙作り」でしたが、その前に「どうやって作成しているか?」という現場サイドの話で13名のメンバーが盛り上がりました。現在はほとんどの学校でパソコンが導入され、データ化されています。そうなると、個々のパソコンスキルによって負担が違っている点が共通の悩みとして発生しているようです。いずれの学校もそれぞれ役割分担をしながら作っているとのことでした。
また、広報委員会というのは学校にとって重要な委員会であり、保護者や地域の方にPTAを知らせるという役目を担っていることを認識しあいました。

分科会終了後には、再び全員が集まり、各分科会ごとの発表を聞きました。どの分科会も有意義な時間が持てたことがうかがわれました。
最後に新谷会長から「都小Pを遠く感じる方もいらっしゃいますが、我々都小Pは単Pと保護者と子供達のために日々活動しています」という力強い言葉で締めくくられました。
内容の濃い充実した2時間半の研修会でした。

要望があれば、各地区でこのような研修会を開くことができますので、ぜひ都小Pへご相談ください。
都小P事務局:03(3431)1575

カテゴリー: シンポジウム・講演・内覧会・研修会 — administrator 14:23