ベルマークについて考えてみよう

食品や飲料水、文房具など、さまざまな商品のパッケージに付いている小さなベルが目印の「ベルマーク」。マーク集めは、誰もが気軽に参加できるボランティアとして、長年にわたってPTAでも定着しています。

食品や飲料水、文房具など、さまざまな商品のパッケージに付いている小さなベルが目印の「ベルマーク」。マーク集めは、誰もが気軽に参加できるボランティアとして、長年にわたってPTAでも定着しています。

ベルマーク

ベルマーク教育助成財団によると、ベルマーク運動の目指すものは「すべての子供に等しく、豊かな環境のなかで教育を受けさせたい」。

ベルマーク運動はそんな願いをこめて1960年に始まりました。PTAなどによるボランティアで生み出された資金(ベルマーク預金)で学校の設備や教材をそろえ、さらに国の内外でハンディを背負いながら学んでいる子供たちに援助の手を差し伸べます。 マーク集めから始まる誰でも気軽に参加できるボランティアです。ベルマーク運動は、学校(PTA、児童・生徒)、企業(協賛会社、協力会社)、ベルマーク財団がスクラムを組んで進めます。地域の方々や共鳴する人たちに支えられ、助け合いの輪は大きく広がっています。
(引用:ベルマーク教育助成財団

集める目的は2つ

  1. 自分たちの教育環境をより良いものに
    ベルマークを集めることで自分たちの学校に必要な教材や備品等を購入。
  2. 教育環境に恵まれない子供たちへの支援
    購入金額の10%が自動的に寄付され、へき地の学校や特別支援学校、被災地の学校支援へ。

ベルマーク運動の仕組み

学校のPTAや、地域の市民センターなどが主体となってベルマークを集めて集計し、ベルマーク教育助成財団へ送付。送られたベルマークは1点1円として「ベルマーク預金」になります。貯まった残高で、協力会社13社(2021年現在)が取扱う学校に必要な備品を購入すると、購入金額の10%が、ベルマーク教育助成財団を通じて援助が必要な学校へ寄付されます。

収集の状況

ベルマーク教育助成財団の「2021年度報告」によると、ベルマーク運動への参加団体は2万6300余となっています。

グラフ引用:ベルマーク教育助成財団
グラフ引用:ベルマーク教育助成財団

 

ウェブベルマーク

https://www.webbellmark.jp/webbellmark

ウェブベルマークを知っていますか?

ウェブベルマークとは、ネットショッピングの広告費を利用する、新しいベルマーク運動の形です。ウェブベルマークサイトを経由してから各ショップの商品やサービスを利用するだけで、 自己負担なく支援金を生み出すことができます。

支援金は、ウェブベルマーク協会からベルマーク教育助成財団を通じて、被災校をはじめ、全国の学校支援に活用されます。
(引用:ウェブベルマーク公式サイト)

学校を選んで支援

紙などのマーク収集と違って、ネットショッピングがベースとなるので、支援する学校(例えば子供が在籍する学校など)の指定が必要です。支援校を指定しない場合、東北の被災校を支援します。

支援方法は2つ

①クリック募金:1日1クリックで東北の被災校支援に1円募金をします。
②ネットショッピングで学校支援:サイト経由のお買い物でベルマーク点数と支援金が発生します。

メリットとデメリット

【メリット】
  • 「収集」や「集計」の面倒な作業とはオサラバ!
    紙などでは必須の、ベルマークを切り取って、集めて、企業ごとに点数や枚数をカウントして、集計表に記入する、という仕分け作業が不要!
  • 対象商品が多いから点数を貯めやすい
    紙の協賛企業は48社(2021年現在)で対象はモノだけですが、ウェブベルマークでは、大手のネットショッピングサイト(楽天、ヤフーショッピング、ASKUL、BELL MAISON、LOHACO、ロフトネットストアなど)で使える協賛企業が多数あります。
  • モノだけではなく、「サービス」も対象に。
    例えば、楽天トラベルやじゃらん.netなどの旅行予約サイト、U-Nextなどの動画配信サービス、ホットペッパービューティーなどの美容院予約サイト、ぐるなびやOZmallなどのレストラン予約サイトなどのサービスサイトも対象になります。
  • ウェブベルマークに参加しても、ショッピングサイトやクレジットカードのポイントはそのまま変わらずに使えます。
    カード会社やショッピングサイトから個人に付与されるポイントには影響がありません。個人へのデメリットが無いので安心して利用できます。
  • だれでも参加可能。
    子供がいない家庭でも、PTA非入会の家庭でも、祖父母から孫の学校への支援をすることも可能です。
  • 個人情報がしっかり守られる
    ウェブベルマークの管理画面の学校別アカウントには累計点数のみが表示されます。PTAとしても個人情報を扱う必要が無いため、安心して管理することができるのも大きなメリットと言えます。
【デメリット】
  • PTAで長く続けてきた紙のベルマーク収集活動をやめる説明が必要。
  • ネットショッピングやネットサービスを利用しない方は参加できない。

集める方法

ウェブベルマークが優れた仕組みだとしても、保護者の協力なしには点数は集まりません。新たにPTAで導入する場合は周知活動に力を入れましょう。ウェブベルマークの公式サイトには、周知活動に使える資料やバナーなどが用意されています。

開始後は、購入を検討しているモノや累積点数などを伝えて、保護者のモチベーションを維持する事も重要です。

保護者側では、法人アカウントでの業務上の購入でも、ウェブベルマークのサイトを経由して行うだけで協力することができます。

学校側の協力が得られるなら、文具や教材発注用の教職員専用サイト「smartschool」などの利用も可能です。

【導入プロセス】

  1. 必要に応じて学校も含めPTAで導入を決定する
  2. 保護者へのウェブベルマーク開始の周知(公式サイトの「スタートパック」を活用)
  3. 集まったベルマークで、必要なものを購入
  4. 保護者へ活用状況を報告(お知らせやウェブサイトなどで)

(ウェブベルマークのチラシ)

実際どのくらい点数が集まっているの?

ベルマーク教育助成財団の「2021年度 年間集票全国ベスト100」によると、集票点数が1,000,000点を超えた学校(東京都小平市)が1校ありました。
トップの小平市を除いた都内での集票点数上位10校の所在地は
新宿区 273,106
練馬区 225,578
練馬区 223,293
青梅市 210,569
足立区 177,771
八王子市 176,370
府中市 144,652
練馬区 117,815
町田市 115,211

(ベルマークの制度について詳しく知りたい方は、ベルマーク教育助成財団のFAQへ

PTA実態調査から

当協議会が2022年9月実施した「PTA実態調査」で、回答のあった都内公立小学校PTA154校の状況は、「切り取る方式」のみのほか、「ネット購入方式との併用」も含めると「切り取る方式」のPTAは54.6%と約半数でした。
同様に「切り取る方式」との併用を含めた「ネット購入方式」のPTAは22.7%。
一方で、集めていないPTAも37.7%ありました。

ベルマークPTA実態調査
ベルマークPTA実態調査

学校の規模別では、児童数の少ない小学校ほど「集めていない」との回答比率が高い結果となりました。
一方で「600人超」36校の8.3%が「ネット購入方式」のみ、という結果でした。

一定数の回答があった都内の自治体別では、地域によって収集状況の相違があり、各PTAが地域の実情にあわせた方式を選択していることがうかがえます。

 

ベルマーク規模別
ベルマーク規模別
ベルマーク地区別
ベルマーク地区別

保護者が知っておいても良いこと

  • ベルマークの価値は「1点1円」でなく、協賛企業は、ベルマーク教育助成財団の運営費用等があるので「1点1.275円」を負担しています。
  • 収集活動を行なっていない小学校は、東京で35%(2022年 当協議会調査)、全国で28%(2021年 ベルマーク教育助成財団「2021年度報告」)
  • PTAは、保護者と教職員が一般的ですが、ベルマーク教育助成運動運営規程においては「PTA会員たる教職員の負担にならないようにすること」と記されています。
  • ベルマーク預金で購入をしないと10%寄付も発生しないため、適当な商品を購入する予定がない場合、ベルマーク預金の寄付制度「友愛援助」も選択肢のひとつ。
  • 一定期間ベルマークの提出を行わないと自動脱退の制度もある。
  • 貯まった「ベルマーク預金」を利用できる協力会社は、内田洋行、テクノホライゾン(エルモカンパニー)、セイコータイムクリエーション、セノー、第一電子、東芝エルイーソリューション、東通産業、日教販、ブリヂストンサイクル、ミズ、ミズノ、ヤマハミュージックジャパン、ライブの13社

【切り取らずに集められるもの】

専用回収箱に集めて送るだけでベルマークを利用できるものもあります。

  • エプソン、キヤノン、ブラザーの正規インクカートリッジ
  • 日本テトラパック社製の紙パック(ただし、牛乳パックを開いて乾かすという作業が必要)

【仕組みの再検討も選択肢に】

  • ウェブとの併用(それぞれの方式での収集金額がわかれば、目標に向けてモチベーションにも繋がる)
  • PTAは集めるだけ、集計は外部委託(例えば 、地域のNPO団体や、自治体助成金を活用してコロナ禍で受注減の影響も大きい地域の障害者作業所との連携など)

最後に

当協議会が都内公立小学校保護者5,472人を対象とした「保護者の意識調査」(2022年9月実施)における「PTA活動は全ての子供たちに向けた活動ですが、あなたやあなたの子供にとってメリットに感じる活動はどれですか」という質問(複数回答)に対し、「ベルマーク」という回答は9.3%となりました。

 

Enable Notifications OK No thanks