広報紙コンクール表彰式開催

6月4日(土)、第22回広報紙コンクール表彰式が執り行われました。

今年の会場は東横線祐天寺駅からほど近い目黒区立上目黒小学校。例年より早く梅雨入りした東京でしたが 2階にある体育館の開け放した窓からは梅雨の晴れ間の青空が覗いていました。

最優秀賞は、葛飾区立東金町小学校『こうめ』

優秀賞は3校、足立区立千寿常東小学校『太陽』、杉並区立高井戸東小学校『風』、江東区立豊洲北小学校『ゆたか』

そのほか佳作6校、奨励賞8校、地区P連奨励賞には2連合が表彰を受けました。

会場には、入賞広報紙が展示され、他校の広報紙を手に取り、読み進める姿には、研究熱心な様子を垣間見ることができました。

葛飾区立金町東小学校の代表の方の挨拶では、「広報委員になり、まず私たちは何をするべきか考えた」と語り、細やかな取材、アンケートの施行、生き生きとPTA活動に取り組む姿を楽しげに語られていたのが印象的です。一人一人に訴える力を持つ広報紙の重要さ、紙面から伝わる想いの力強さを改めて考えさせられました。

都小Pホームページに教育家庭新聞社菊池様の講評を掲載しました ⇒ こちら

カテゴリー: 広報委員会 — kouhou 22:01