「ネット安全安心全国推進フォーラム」開催のお知らせ

先日の東京ブロック大会で、携帯やインターネットの世界で子どもたちに何が起きているのかを話してくださったインターネット協会の大久保さんから、下記のお知らせをいただきましたのでご案内いたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ネット安全安心全国推進フォーラム」開催のお知らせ
 -ネット社会、子どもを守るは大人の責任-
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
URL:http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/20/02/08022211.htm
文部科学省では、青少年を有害情報環境から守るための国民運動の一環として、関係業界・団体等の連携強化と効果的な取組みを進めるための「ネット安全安心全国推進会議」を開催しております。この度、本会議の取り組みの一つとして「ネット安全安心全国推進フォーラム」を下記のとおり開催します。携帯電話を介してインターネットを利用し、トラブル・犯罪被害に巻き込まれている子どもたちの実態を把握し、そうした問題に対応している地域の取り組み事例を踏まえ、それぞれの立場で地域や団体のネットワークづくりをはじめとする大人の取り組みについて話し合います。パネルディスカッションでは、スポーツジャーナリストの増田明美さんが登場します。

●日時 2008年3月14日(金)13時30分~17時

●会場 文部科学省 中央合同庁舎7号館(霞が関コモンゲート東館)3階講堂
    東京都千代田区霞が関3丁目2番2号
    地図:http://www.mext.go.jp/new_map/index.htm

●主催 ネット安全安心全国推進会議(事務局:文部科学省、財団法人インターネット協会)

●募集 300人(申込先着順・参加費無料)
保護者、都道府県等の青少年行政担当者、業界団体関係者、青少年団体等で活動している方あるいは、これから活動したいと考えている方、興味ある方、その他一般

●プログラ��
○13:00~     受付開始

○13:30~13:45 開会の挨拶

○13:45~15:00 セッション
子どもの携帯等によるインターネット利用に関する犯罪、被害、トラブル事例とそうした問題への地域での取り組み事例を紹介
(1)犯罪、被害、トラブル事例をトーク形式により紹介
(2)地域の取り組み好事例紹介(茨城県、長崎県)
 PTAがコギャルになりきりネットトラブルを実演「腹づつみ一座」
 大人の在り方を見直しできることから行動する県民運動「ココロねっこ運動」、携帯電話を安全に使うためのコミックも紹介
出演者:
・吉川 誠司氏(財団法人インターネット協会 インターネットホットライン・センター副センター長)
・堤 千賀子氏(茨城県PTA連絡協議会)
・岡田 政宏氏(長崎県こども政策局こども未来課指導主事)
コーディネータ:
・永井 正直氏(e-ネットキャラバン運営協議会アドバイザー、おやじ日本副会長(携帯・インターネット安全運動担当))
  
○15:00~15:15 休憩

○15:15~17:00 パネルディスカッション
有害情報対策にどう取り組むか
教育関係者、保護者・地域の指導者、電機通信事業者、有識者、により話し合います。
パネリスト:
・佐々木 亨氏 (品川区立冨士見台中学校 生活指導主幹)
・松浦 真紀子氏(全国少年警察ボランティア協会 サイバーボランティア)
・田野 弘氏  (株式会社NTTドコモ セキュリティ推進担当部長)
・増田 明美氏 (スポーツジャーナリスト 大阪芸術大学教授)
コーディネータ:
・藤川 大祐氏(千葉大学教育学部准教授)

●申込み・問い合わせ
文部科学省スポーツ・青少年局青少年課
URL:http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/20/02/08022211.htm
#申し込み締切日は3月7日です。
※都小P事務局でも受け付けます。TEL 03-3431-1575

問い合わせはインターネット協会でも受けています。
インターネット協会のウェブには第1部の出演者名の記載をしています。
URL:http://www.iajapan.org/monka-forum2008/

フォーラム当日は「ちょっと待って、ケータイ」リーフレット第2版を配付します。
URL:http://www.iajapan.org/kids/対象:小学校6年生以上
部数:約135万部(平成19年度の全国の小学校6年生約120万人に配付)
配付:2008年2月末
委託:財団法人インターネット協会
監修:文部科学省、ネット安全安心全国推進会議

カテゴリー: ITの活用とルール・マナー — administrator 08:22