PTAのひろば2017 東京都小・中PTA情報交換会「第2回みんなで語ろうPTA活動!~改正個人情報保護法への対応について~」

11月18日(土)、文京区立第六中学校追分ホールをお借りして、PTAのひろば2017 東京都小・中PTA情報交換会「第2回みんなで語ろうPTA活動!~改正個人情報保護法への対応について~」を開催しました。第一部では、前回も好評であった改正個人情報保護法について各PTAで対応する際の具体的なポイントを中心に解説いたしました。今回のテーマはとても注目度が高く、多くの地区から参加いただきました。

IMG_0578

今回は共催として都中Pさんにもご協力いただき、中学校からも多くの参加者がいらっしゃいました。

IMG_0544

学校が個人情報を集める際に、PTAに情報提供をすることと、その目的や利用範囲を保護者に通知していれば、PTAが学校から個人情報を提供してもらうことは可能です。そうする場合には、事前に、学校にもこのことを伝え、よく話し合いをする必要があります。

IMG_0554

質疑応答の際は、参加者から多くの質問がありましたが、時間の都合で全員の方への回答はできませんでした。Q&Aとして後日都小Pのホームページに掲載を予定しています。以下は、当日会場より出された主な質問です。

Q1  連絡網を学校からもらった後の管理はどうしたらいいか?電話の前などに貼り付けておいてもいいか?
A1 見えないようにしておくと安全です

Q2 学校名と児童名がペアになったとき、個人情報に該当するか
A2 地域内では個人の特定が可能になる場合が多いので、該当する場合が多い

Q3 過去の学校の名簿をもらうのはいいか?
A3 学校からもらうのは可能だが、学校が個々に確認を取る必要がある

Q4 イベントで受賞した賞の情報を集める時に、保護者の承諾が必要か?
A4 必要です

Q5 画像データは対象になるか?
A5 対象になります。そのため、広報誌などに写真を載せるときは注意が必要です。PTAの入会時等に画像データを使う行事を列挙して承諾をとれば、その後の確認は不要ですが、その都度同意を得た方が安全です。

Q6 第三者提供について、近隣施設や学校に広報誌を送っているが、それは第三者提供に該当するか?
A6 広報誌は広報を目的としているため、第三者提供には該当しません。

都小Pとして今後も可能な限り、ホームページや広報紙、各地区P連経由で情報を発信をしていく予定です。