日本の伝統芸能を伝えるこども歌舞伎

隅田川の桜が満開に咲き誇る中、3月31日(火)、墨田区の曳舟文化センターで日本伝統芸能振興会主催の「伝創館こども歌舞伎・若草歌舞伎合同発表会」を鑑賞しました。
伝創館こども歌舞伎は、日本の伝統芸能である「歌舞伎」の体験を通して日本文化の素晴らしさを子供たちに伝えることを目的として活動しており、一般家庭の小・中学生が、本格的な歌舞伎の稽古を通して、日本舞踊などの技術だけでなく、礼儀を学び、舞台を作り上げる一員としての責任や喜びを経験しているそうです。若草歌舞伎は、こども歌舞伎で活動した中学生以上のメンバーで構成され、いっそうプロ意識を持ち、年下の子供たちを引っ張りながら活動しているそうです。性別を問わず、女子も一緒に舞台に立っています。
当日の演目は、「車引き」「口上」「義太夫」「勧進帳」「かっぽれ」と伝統的な歌舞伎の演目でした。
子供たちは白塗りに本格的な歌舞伎のメークを施し、難しい言い回しの長いセリフを歌舞伎独特の発声で立派にこなし、踊りや所作も素晴らしく、この日までにどれだけのお稽古をしてきたのかと感心するばかりでした。また、歌舞伎を始めて間もないと思われる子供たちの一生懸命な演技もとても微笑ましく、本当に良い舞台を見せていただきました。
口上では、子供たちがそれぞれ自分たちを支えてくださる先生方や親や先輩への感謝の気持ちを立派に伝えていて、歌舞伎のお稽古を通して、諸先輩を敬う心も学んでいるように思いました。
なかなか手の届きにくい日本の伝統芸能を一般の子供たちも体験できる場があることを、今回初めて知りましたが、すばらしい機会だと思いました。この子供たちの中から、日本の伝統芸能を未来に伝えていく担い手がきっと育っていくのだと思います。
「伝創館こども歌舞伎・若草歌舞伎」のホームページでは、詳細に紹介されていますので、是非、ご覧ください。
 http://kowaka-kabuki.sakura.ne.jp/wp/

カテゴリー: その他 — kouhou 00:04