関係団体より 作品募集のご案内

早いもので夏休みもそろそろ後半戦。
暑さで体調を崩したりしていませんか?
各関係団体より、以下の通り作品募集のご案内が来ていますので、ご紹介します。
夏休みの課題の一つとしても、お子さんに勧めていただき、ぜひご応募ください。
詳細につきましては、リンクよりそれぞれのホームページへ進み、ご確認ください。

■公益社団法人日本動物福祉協会より
「第55回動物愛護の作文コンテスト」 

・題材:動物福祉や生命尊重に関するもの。
  例)共に暮らしている動物や救助した動物のこと。野生動物との共存について、畜産動物や実験動物についてなど。
・原稿:未発表で自分の作品に限る。
   400字詰めB4サイズ縦書き原稿用紙4枚以内
・締切り:平成26年9月10日必着
・作文の送り先:
〒141-0031 東京都品川区西五反田8-1-8 中村やビル4階
公益社団法人 日本動物福祉協会「第55回動物愛護の作文コンテスト」係
日本動物福祉協会ホームページ
募集要項 

■内閣府より
「家族や地域の大切さに関する作品コンクール」

・募集内容:
「写真」部門 
【テーマ1】 子育て家族の力(子育て家族の絆、子どもと深める家族の絆)
(例)家族団らん、親子で一緒に何かに取り組んでいる、パパの育児、3世代同居家族の様子など、子育て家族の絆の力強さ、あたたかさを表しているもの
【テーマ2】 子育てを応援する地域の力(地域ぐるみで子育て支援)
(例)地域での子育てイベント(お祭り、親子教室、子育てひろば、子どもと他世代との交流、WLBの取組など)等、地域ぐるみでの子育て支援の様子など、社会全体が子育てを応援しているという姿を表しているもの
・応募資格:小学生以上

「手紙・メール」部門
【テーマ】 子育てを家族みんなで支え合うことの大切さ、感謝などの思いを伝えるもの、または、子育てを社会も応援していくことの大切を訴えるもの
(例)夫から妻へ、妻から夫へ、親から子どもへ、子どもから祖父母へ、子どもから単身赴任中の親へ、社長・上司からの子育て社員へなど
・応募区分:1.小学生の部 2.中・高校生の部 3.一般の部

・応募期間:平成26年7月1日(火)~9月8日(月)
・応募方法、募集内容の詳細は、こちら⇒内閣府HP


■東京都保護観察所より
「第64回社会を明るくする運動 作文コンテスト」

・応資格: 全国の小学生及び中学生
・テーマ: “社会を明るくする運動”の趣旨を踏まえ、日常の家庭生活、学校生活の中で体験したことを基に、犯罪・非行のない地域社会づくりや犯罪・非行をした人の立ち直りについて考えたこと、感じたことなどを題材としたものとします。
原稿の枚数: 400字詰め原稿用紙3~5枚程度
応募先:学校の先生 または “社会を明るくする運動”各都道府県推進委員会(事務局:保護観察所)あて
締め切り: おおむね平成26年9月頃の各都道府県推進委員会が定めた日まで(締切日は各都道府県推進委員会によって異なります。詳しくは,最寄りの保護観察所へお問い合わせ下さい。)
詳細はこちら ⇒ 法務省HP

カテゴリー: 関連団体情報 — kouhou 09:22