三行詩コンクール・「私たちの先生」表彰式

平成24年3月3日(土)逓信総合博物館ていぱーくに於いて、「たのしい子育て全国キャンペーン」三行詩コンクール都小P表彰と、毎年恒例の『私たちの先生』表彰式を行いました。
会場は受賞者をお祝いする保護者と児童の皆さんでいっぱいとなり、とても華やいだ雰囲気の中、表彰式は始まりました。
家族のきずなや我が家のルールを親子で話し合い、確認し合い、言葉に表そうという「たのしい子育て全国キャンペーン」三行詩コンクールは、日本PTAと文部科学省共催の事業ですが、素晴らしい作品がたくさん集まりましたので、今年から都小Pとしても表彰をすることになりました。
都内からの248点の応募作品の中から、都小P会長賞(日本PTAへの推薦作品)5点、優秀賞10点が選ばれました。どの作品も素直な言葉で表現していて、あたたかい家族の様子が伺えるものばかりです。受賞した子どもたちは、とても誇らしげに壇上に上がり、賞状を受け取っていました。

sangyoushi

表彰式では、審査に参加していただいた東京都教育庁指導部山村智治先生からご講評をいただきました。とても温かい内容でしたので、ご紹介いたします。

============================
多くの作品の中から数点を選出するのはとても大変な作業でしたが、使われている言葉からそれぞれの家庭の様子が伝わってきて、とても楽しい作業でもありました。
言葉は『言の葉』。言の葉は表面的な物でしかありません。
大きな木のように、土に隠れている根っこの部分から養分を蓄え、幹が、枝が伸び、葉っぱは、一番最後です。葉は木のほんの外側でしかありません。
言の葉も同じ、最終的に発せられるものです。
その言の葉をとりまく色々な経験がその言葉を生みました。
言葉の勉強をするにあたって、使い方や、「てにをは」はももちろん大切ですが、言葉をとりまく環境を整えること、多くの経験を積ませること、言語環境、とくに親の言葉づかい、本を読むことも大切です。
積み上げられたものの上に成り立った言葉で表現される内容が大切なのです。
受賞作品の中に、「あいさつを しっかりしよう 小林家」というのがありました。
この三行詩から色々広がりますね。
小林家はどんな家族なんだろう?食卓は?その家族の風景が語りかけてくる気がします。
どんな気持ちから発せられた言葉なのか、心根の良さを感じます。
==============================

引き続き行われた『私たちの先生』表彰式は子どもたちが出会えてよかったと思う先生に感謝状を贈るもので、今年度は、新任でクラスを持たれた先生から、退職を迎えられた先生まで、11名の先生方が受賞されました。それぞれの推薦者である保護者や児童は、花束を抱え、手製のプラカードを持参したり、折り紙の金メダルを壇上で贈ったり、くす玉を割ったりと、趣向を凝らして感謝と応援の気持ちを表していました。
推薦者が推薦理由を読み上げると、感極まった先生の眼には涙が。会場全体がもらい泣きをする場面もありました。
先生からの言葉からは、「当たり前のことを当たり前にやってきただけ」「他の先生方がいらして、また理解ある保護者の方々のおかげ」「先生方の代表だと思って」と、自らの仕事に誇りを持っていらっしゃる様子がうかがわれました。

senseihyoushou

カテゴリー: 広報委員会 — kouhou 01:18