日本PTA「東京ブロックPTA研究大会」のご案内

日本PTA「東京ブロックPTA研究大会」の内容が下記のように決定いたしました。
今回は都小Pが主管で、準備を進めています。
PC・ゲーム・インターネット・携帯電話などが、子どもたちの精神にどのような影響を与えているのか、保護者にとっては大きな関心があるテーマです。
メディアからの情報が、子どもの心や人格形成に及ぼす影響について専門家の意見を聞き、保護者として、今できることを共に考えます。
きっと有意義な研修会になると思います。ぜひご参加下さい!

テーマ :「 ネットが変える社会と心 
           ~子どもの心が棲む世界~ 」

日 時 : 平成20年2月9日(土) 13:30~16:00(受付13:00より)
会 場 : 府中の森芸術劇場 「ふるさとホール」 府中市浅間町1-2
対 象 : 東京ブロックPTA会員及び生涯学習関係者  
参加者数: 500名  
参加費 : 無料 
主 催 : 社団法人日本PTA全国協議会  
       東京ブロックPTA協議会
        東京都公立中学校PTA協議会・社団法人東京都小学校PTA協議会
後 援 : 文部科学省 東京都教育委員会 東京都中学校長会 東京都公立小学校長会 府中市教育委員会

【内 容】  
 1.開会の辞
 2.インターネットをめぐる諸問題の現況報告  インターネット協会
 3.シンポジウム: 「ネット社会に棲む子ども」
   シンポジスト: 斉藤 環 氏  (精神科医)
            大久保貴世氏  (インターネット協会)
            原田 豊 氏  (科学警察研究所)
      司会進行: 新谷珠恵 (社団法人東京都小学校PTA協議会会長) 
 4.閉会の辞

【講師紹介】
大久保 貴世(おおくぼたかよ)/ 財団法人インターネット協会 主任研究員
インターネットのルール&マナーの啓発、フィルタリング普及啓発、インターネットホットライン連絡協議会にてトラブル相談、インターネット・ホットラインセンターにて違法有害サイト受付対応、などを担当。eネットキャラバンの講師向け講習会、自治体、PTA、学校などからの講演依頼にも対応する。

斎藤 環(さいとうたまき)/ 爽風会佐々木病院精神科診療部長
青少年健康センターで「実践的ひきこもり講座」ならびに「ひきこもり家族会」を主宰。専門は思春期・青年期の精神病理、および病跡学。

原田 豊(はらだゆたか) / 科学警察研究所 犯罪行動科学部長
2000年8月にペンシルベニア大学から博士号を取得。犯罪・非行の経歴の縦断的分析、GISを用いた犯罪の地理的分析など、先進的な手法による実証的犯罪研究に取り組むとともに、警視庁との共同による『犯罪発生マップ』の作成と公開などを通して、研究成果の市民への還元に努めている。

※年末の新聞記事に科学警察研究所関連記事がありましたのでご紹介します。 
原田氏のコメントも載っています

原田氏関連記事

参加申し込み、お問い合わせは都小P事務局まで 
TEL 03‐3431‐1575
FAX 03‐3431‐7072

カテゴリー: シンポジウム・講演・内覧会・研修会 — administrator 09:40