関係団体よりご案内

関係団体より、周知依頼がありましたのでお知らせいたします。
お友達、お知り合いにも、ご案内のうえ、是非ご参加ください。

■非行少年の立ち直り応援シンポジウム
「地域連携が支える非行少年の立ち直り」
・主催:東京都
・日時:平成28年11月17日(木)13:30~16:15
・会場:国立オリンピック記念青少年総合センターカルチャー棟小ホール
・内容:
 基調講演「子どもを叱れない大人たちへ」
    講師 桂 才賀氏
 パネルディスカッション
・詳細、申し込みは以下のリンクからご確認ください。
東京都HP

■親子の絆コンサート2016
・主催:こころの東京革命協会
・日時:平成29年1月21日(土)13:00~15:00
・会場:府中市府中グリーンプラザけやきホール
・内容:講演・ハートフルコンサート・ピアノコンサート・児童の合唱
・対象:お腹に赤ちゃんのいるお母さん、お父さん、育児中の保護者および、子育てに関心ある方(小さなお子様の入場可)
・申し込み:往復ハガキにて(12月9日締切り 当日消印有効)
・詳細、申し込み方法などは、以下のリンクからご確認ください
東京都HP

カテゴリー: 関連団体情報 — kouhou 16:11

関係団体よりご案内

引き続き関係団体よりいくつかのご案内をいただき、周知依頼がありましたのでお知らせいたします。
お友達、お知り合いにも、ご案内のうえ、是非ご参加ください。

■情報教育フォーラム
子供たちが自ら考え、発信する、スマートフォン・SNSの利用について
・主催:東京都教育委員会
・日時:平成28年11月4日(金)14:00~16:30
・会場:銀座ブロッサム中央会館(中央区銀座2-15-6)
・内容:事例発表・講演
・詳細、申し込みは以下のリンクからご確認ください。
東京都教育委員会HP
案内チラシ

■平成28年度 工場見学のお知らせ
・主催:(公財)東京都学校給食会
・日時:平成28年11月26日(土)9時~17時
・見学場所:株式会社新丸正(焼津市三和1384-1)
・内容:ふし製造、削り工程、水揚げ、冷凍保管倉庫見学、だしの試飲など
・詳細、申込み方法は以下のリンクからご確認ください。
案内チラシ

■犯罪被害者支援キャンペーン2016
~家族を亡くした子どもたちを支えるために~
・主催 東京都 警視庁 被害者支援都民センター
・日時 平成28年11月20日(日) 13:00~15:00
・場所 ベルサール神保町アネックス
・内容 講演・活動報告
・申し込み不要 参加無料
・詳細は以下のリンクからご確認ください。
警視庁HP

■個人情報保護制度説明会
・主催 東京都生活文化局
・日時 平成28年11月12日(土) 14:00~16:30
・会場 東京都庁都議会議事堂1階 都民ホール
・内容 講演「消費者の個人情報保護と法改正のポイント」
・参加費無料
・詳細、申し込み方法は以下のリンクからご確認ください。
東京都HP

カテゴリー: 関連団体情報 — kouhou 11:55

関係団体よりご案内

関係団体よりいくつかのご案内をいただき、周知依頼がありましたのでお知らせいたします。
お友達、お知り合いにも、ご案内のうえ、是非ご参加ください。

■公開講演会
「大豆の働きin東京-子供の栄養・健康を通して-」
主催:(公財)不二たん白質研究振興財団
日時:平成28年10月13日(木)14時~16時30分
会場:日経カンファレンスルーム(日経ビル6階)
詳細は以下のリンクからご確認の上、参加される方は各自でお申し込みください。
http://www.fujifoundation.or.jp/lecture/#howtoentry

■平成28年度東京都教育の日
オリンピック・パラリンピック教育の推進
~ボランティアマインドの醸成~

日時:平成28年11月5日(土) 13:00~17:00
会場:東京都庁第一本庁舎5回 大会議場
詳細・参加申し込みは以下のリンクからご確認ください。
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/buka/shogai/kyoikuday/kyoikuday.htm

■平成28年度 学校保健(PTA)研修会

主催:東京都教育委員会・(一財)東京都学校保健会
日時:平成28年11月12日(土)14時~15時30分
会場:東京都医師会館2階講堂(千代田区神田駿河台2-5)
講演:「がん教育を皆さんと考える」
講師:東京都医師会会長 尾﨑 治夫
参加希望者は10月28日(金)までに都小P事務局までご連絡ください。

カテゴリー: 関連団体情報 — kouhou 10:00

平成27年度「東京都教育の日」のご案内

東京都教育庁より、11月7日(土)に都庁で行われる「東京都教育の日」記念行事のご案内をいただきましたので、お知らせいたします。
今回は、「子供の読書活動の推進」をテーマに、子供たちの発表、読み聞かせの実演、展示などが行われます。
参加するには事前の申し込みが必要です。
詳細、申し込み方法は添付ファイルをご確認ください。
各地域、単Pの皆様にも是非、ご案内ください。

東京都教育庁より、「東京都教育の日」記念行事に多くの保護者の方に参加いただきたいと、ご案内をいただきましたので、お知らせいたします。

◆ 日 時: 平成27年11月7日(土)  13 時~17 時20 分

◆ 会 場: 東京都庁第一本舎5階「大会議場」

今回は、「子供の読書活動の推進」をテーマに、子供たちの発表、読み聞かせの実演、展示などが行われます。

参加するには事前の申し込みが必要です。

詳細、申し込み方法はこちらをご覧ください。

東京都教育委員会ホームページ

記念行事の内容

今回は、「子供の読書活動の推進」をテーマに、子供たちの発表、読み聞かせの実演、展示などが行われます。
参加するには事前の申し込みが必要です。
詳細、申し込み方法は添付ファイルをご確認ください。
各地域、単Pの皆様にも是非、ご案内ください。
カテゴリー: 関連団体情報 — kouhou 22:48

子ども霞が関見学デーの「土曜学習応援団」体験教室の参加について

文部科学省より、以下のご案内をいただきました。
夏休みの計画に頭を悩ませている方は、是非、以下のリンクから詳細をご確認ください。

==============================
文部科学省や各府省等が行う、今年度の「子ども霞が関見学デー」が7月29日(水)、30日(木)に行われます。これは、業務説明や省内見学などを通して親子のふれあいを深め、子供たちが夏休みに広く社会を知る体験活動の機会とすること等を目的に実施するイベントです。
今年度初めて約60の「土曜学習応援団」が小学生や中学生向けの体験ができる出前教室やパネル展示のブースを出展することとなりました。申込みが必要なプログラムもありますので、ご確認のうえ、お申し込みください。

1 「子ども霞が関見学デー」について
・日  時  平成27年7月29日(水)、30日(木)
・対  象  全国の小・中学生・幼児等(原則として保護者同伴)
・参加方法  あらかじめ申込みが必要なプログラムと、当日参加できるプログラムがあります。
 ※ プログラムの詳細はHPをご覧ください。
【「子ども霞が関見学デー」
【「あらかじめ申込みが必要な文部科学省のプログラム」

2 「土曜学習応援団」について
子供たちに、学校での出前授業や職場見学等を行う企業・団体・大学等。(現在、約470団体賛同)【http://doyo.mext.go.jp/volunteer.html
※ 土曜学習応援団が実施する事前申込が必要なプログラム ⇒締切は、7月10日(金)です。申込み方法等の詳細は、リンクからご確認ください。

カテゴリー: 関連団体情報 — kouhou 18:06

関係団体より 作品募集のご案内

早いもので夏休みもそろそろ後半戦。
暑さで体調を崩したりしていませんか?
各関係団体より、以下の通り作品募集のご案内が来ていますので、ご紹介します。
夏休みの課題の一つとしても、お子さんに勧めていただき、ぜひご応募ください。
詳細につきましては、リンクよりそれぞれのホームページへ進み、ご確認ください。

■公益社団法人日本動物福祉協会より
「第55回動物愛護の作文コンテスト」 

・題材:動物福祉や生命尊重に関するもの。
  例)共に暮らしている動物や救助した動物のこと。野生動物との共存について、畜産動物や実験動物についてなど。
・原稿:未発表で自分の作品に限る。
   400字詰めB4サイズ縦書き原稿用紙4枚以内
・締切り:平成26年9月10日必着
・作文の送り先:
〒141-0031 東京都品川区西五反田8-1-8 中村やビル4階
公益社団法人 日本動物福祉協会「第55回動物愛護の作文コンテスト」係
日本動物福祉協会ホームページ
募集要項 

■内閣府より
「家族や地域の大切さに関する作品コンクール」

・募集内容:
「写真」部門 
【テーマ1】 子育て家族の力(子育て家族の絆、子どもと深める家族の絆)
(例)家族団らん、親子で一緒に何かに取り組んでいる、パパの育児、3世代同居家族の様子など、子育て家族の絆の力強さ、あたたかさを表しているもの
【テーマ2】 子育てを応援する地域の力(地域ぐるみで子育て支援)
(例)地域での子育てイベント(お祭り、親子教室、子育てひろば、子どもと他世代との交流、WLBの取組など)等、地域ぐるみでの子育て支援の様子など、社会全体が子育てを応援しているという姿を表しているもの
・応募資格:小学生以上

「手紙・メール」部門
【テーマ】 子育てを家族みんなで支え合うことの大切さ、感謝などの思いを伝えるもの、または、子育てを社会も応援していくことの大切を訴えるもの
(例)夫から妻へ、妻から夫へ、親から子どもへ、子どもから祖父母へ、子どもから単身赴任中の親へ、社長・上司からの子育て社員へなど
・応募区分:1.小学生の部 2.中・高校生の部 3.一般の部

・応募期間:平成26年7月1日(火)~9月8日(月)
・応募方法、募集内容の詳細は、こちら⇒内閣府HP


■東京都保護観察所より
「第64回社会を明るくする運動 作文コンテスト」

・応資格: 全国の小学生及び中学生
・テーマ: “社会を明るくする運動”の趣旨を踏まえ、日常の家庭生活、学校生活の中で体験したことを基に、犯罪・非行のない地域社会づくりや犯罪・非行をした人の立ち直りについて考えたこと、感じたことなどを題材としたものとします。
原稿の枚数: 400字詰め原稿用紙3~5枚程度
応募先:学校の先生 または “社会を明るくする運動”各都道府県推進委員会(事務局:保護観察所)あて
締め切り: おおむね平成26年9月頃の各都道府県推進委員会が定めた日まで(締切日は各都道府県推進委員会によって異なります。詳しくは,最寄りの保護観察所へお問い合わせ下さい。)
詳細はこちら ⇒ 法務省HP

カテゴリー: 関連団体情報 — kouhou 09:22

ちひろになれる!七つの法則

練馬区のちひろ美術館に、「ちひろになれる!7つの法則-技法徹底解剖」を見に行ってきました。
この企画展は、いわさきちひろ没後40年を記念して開催されているもので、都小Pも後援させていただいています。
いきいきとした子供たちや、幻想的な色づかいのちひろの絵がどのように描かれているのか。
技法ごとにコーナーを分けて、実際の原画が展示されており、絵の傍らにはわかりやすくその技法が説明されています。
ちひろの絵の秘密を知ることができるだけではなく、実際に描いてみるコーナーもあります。
水彩画の美しさ、ちひろの絵の繊細さなどにひきつけられ、原画の持つパワーに圧倒され、心を動かされながら鑑賞させていただきました。
そして、久しぶりに水彩絵の具で絵を描いてみたくなりました。
同時に開催されていたのは、ちひろ美術館コレクション「びっくり!絵本水族館」。
膨大な絵本の原画の蔵書の中から、世界各国の絵本画家が描いた海の生き物を紹介しています。
この美術館では、原画の展示とともに、それが掲載されている絵本が、すぐ手に取れるところにあり、原画と同時に絵本も心ゆくまで楽しむことができるのです。

chihiro

西武新宿線上井草駅から案内板を頼りに徒歩7分。
住宅街の一角、いわさきちひろの自宅兼アトリエ跡にちひろ美術館はあります。
きれいな中庭に面した絵本カフェもあり、とてもゆったりとした時間が流れています。
これから始まる夏休み、絵本が好きなお子さんや、絵を描くことが好きなお子さんと一緒でも、大人だけでも、きっと満足できると思いますよ。

※「ちひろになれる!7つの法則-技法徹底解剖」は、8月3日まで開催しています。

ちひろ美術館 http://www.chihiro.jp/

カテゴリー: 関連団体情報 — kouhou 15:37

東京新聞主催「PTA新聞・広報紙づくり講習会2014」のご案内

新年度も始まり、各PTAでは新しい委員での活動がスタートした頃ですね。
東京新聞より、「PTA新聞・広報紙づくり講習会2014」をPTAの皆様に紹介してほしいと、ご案内をいただきました。
初めて広報委員になってちょっと不安な方も、広報委員の経験がある方も
この機会にPTA新聞や広報紙づくりに役立つ取材方法、見出しの付け方、編集、レイアウトなどの基本を学んでみてはいかがでしょうか。

◇日時: 5月20日(火)午前10時~午後3時、
◇会場: 東京新聞(中日新聞東京本社)1階ホール
      (千代田区内幸町2の1の4)=東京メトロ霞ケ関駅から徒歩1分
◇講師: 編集局整理部デスク
◇受講料: 2000円
◇定員: 80人(先着順)
◇申し込み・問い合わせ:はがき、またはファクスで、
学校または団体名(個人参加の場合は不要)・受講人数・代表者の住所・氏名・電話番号を明記の上、
〒100-8505(住所不要)
東京新聞文化事業部「PTA新聞・広報紙づくり講習会」係へ。
TEL 03(6910)2345   FAX 03(3503)1438

東京新聞ウエブサイト ⇒ こちら 

カテゴリー: 関連団体情報 — kouhou 00:38

サントリーアートキッズクラブ メルマガ会員募集中!

サントリー芸術財団より、是非小学生の皆さんに登録していただきたいとご案内いただきました。
子供だけではなく、大人も楽しめるかも?!
この機会に、ウエブページだけでも是非ご覧になってみてください。

===========================
suntory_akc1

サントリー芸術財団では、子供たちに音楽と美術をもっと楽しんでもらうために、サントリーホールとサントリー美術館の中学生以下のキッズ向け情報を発信する「サントリーアートキッズクラブ」を2014年4月にスタートしました。
アートの豆知識や、ホールや美術館のお仕事紹介などの記事も掲載していく予定です。
現在、最新情報をお届けするメールマガジンの会員を募集中!
詳しくはこちら ⇒ サントリーアートキッズクラブ

※メルマガに登録する場合は、上記ウエブサイトの右上の「メルマガ」をクリックしてください

カテゴリー: 関連団体情報 — kouhou 00:46

G.W.は、家族で音楽祭へ!

東京国際フォーラムからのご案内をいただきました。

LFJ

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2014
『10回記念 祝祭の日』

今年も、5月3日、4日、5日の3日間、東京国際フォーラム、大手町・丸の内・有楽町エリアが、音楽であふれます。
ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン(LFJ)はベビー・キッズ大歓迎。
クラシックのコンサートに参加できるのは、小学生以上というのが一般的ですが、LFJでは初開催の2005年から幼いうちに本物の音楽に触れてほしいという想いで、お子さまにも門戸を開いています。
どうぞ、お子さま連れでお越しください。

公式ウエブサイト

■0歳からのコンサート
恒例の「0歳からのコンサート」を今年も開催。
文字通り0歳からご入場いただける公演で毎日朝9:30からホールAで行われます。
今年はクラシック版ダンスミュージックをご用意しました。
優雅な名作バレエの世界、躍動感が楽しいハンガリー舞曲、素朴でリズミカルな民族舞曲と、バラエティに富んだ内容です。
ベビーカーでホールAにお越しください。

■日中の公演は3歳以上のお子様も入場可
18:30より前に開演する日中の公演は、すべて3歳以上のお子さまもご入場いただけます。
今年は名曲中の名曲がずらり。幼いうちに聴いてほしい楽曲ばかりです。
もう一つ、LFJの公演にお子さまを連れて行くことは、大人に混じってマナーを学ぶいい機会でもあります。
周囲に迷惑をかけないよう鑑賞マナーを守って、お子さまの“コンサートデビュー”をいい思い出にしてあげてください。

■キッズプログラムなど、イベントも充実、お子様連れに嬉しいサービスも用意しています。
詳細は、こちら 

カテゴリー: 関連団体情報 — kouhou 18:44